美容整形外科でふくらはぎダイエット

若い頃から運動を続けている場合は、足にしっかりと筋肉がつき通常のエクササイズや自己ケアだけでは、細くすることができないので細くしたい場合は、美容整形外科で施術することをお勧めします。

ふくらはぎの施術は、筋肉に力を入れるか足首を伸ばした状態で、6か所ほど筋肉内にボトックス注射を行います。
注射後約2か月程度で、ふくらはぎの筋肉が細くなっていることを自覚することが出来ます。

通常は6か月ほどで効果が薄れてきますが、繰り返しボトックスの追加注入を行うことで、効果を持続させることができ、足が細くなります。注意しなくてはいけないのは、ごく稀にボトックスに対する耐性ができてしまう場合があり、その耐性により効果が全く表れないことがあります。

3か月以内に何度もボトックス注射を行うことで、耐性が出来やすくなるので、ある程度期間を空けて注射することがお勧めです。


妊娠や授乳中の方には施術を受けることができないため、施術を受ける前に美容整形外科の医師に相談する必要があります。

大分の肝斑の知識を増やしてみませんか。

施術費用は美容整形外科により異なるため、ホームページに掲載されている価格を参考に比較検討をして、より自分の支払い能力に合ったところを選ぶことが必要となります。

美容整形外科で施術を受けた後は、2日から3日は下半身の激しい運動や自動車の運転などを控える必要があり、施術当日は入浴を避けてシャワー程度にする必要があります。



ただし、施術当日から歩くことは可能で熱を持たせること、筋肉を使うことに気を付ければ問題なく日常生活を送ることができます。